商売とは、人の役に立とうとすること

こんにちは。 制御盤職人修行中&広報担当のおしんです。
ブログを書きたいタイミングと、実際に書けるタイミングが合わないので、書ける頃には熱が冷めていることが多いです。とはいえ、生活と仕事をないがしろにする訳にもいきません。

ひとまず、思いついたその場で、タイトルと、大方の書きたいコンテンツはGoogle Keepアプリに殴り書きするようにしています。ほんとに時間がなくて今やらないと忘れそう!というときは、音声メモで放り込むこともあります。仕事・家事関係なく、すべてのメモはkeepに放り込んでいます。もうkeepなしでは生きていけません。

商売=卑しい

「商売」と聞くと、金儲け、お金が好きな人、金をふんだくろうとしている、といった、少し卑しいイメージがあると思います。「商売の匂いがする」という言葉も、ポジティブなイメージで使われることはありません。だから、商売をしている人には厳しかったり、クレームを言ってもOKだったり、そんな風潮がある気がします。

自分自身がいろんな商売と接してきたり、夫が社長をするようになってから、考え方が変わってきたので、それを書いてみたいと思います。

「商売をする」のは「お金を儲けたいから」まではたぶん多くの人が分かっているのですが、

その前にもう1つあって、

「誰かの役に立ちたい」から「お金を儲ける」、そのために「商売をする」んですね。

商売っ気がないって本当にいいの?

例えば、地場で土地を持っていて昔からやっている企業・お店だと、中には「そんなに頑張って儲けなくても生活していけるから、ほどほどでよい」というスタンスの所もあります。そこで働いているアルバイトさんのサービスの質からも、それが見て取れるんですよね。
頑張ってお客さんを集めよう、というより、あなたが必要だから来るんだよね、という感じ。

「ウチのスタンスはこうです。だから、それを理解してくれるお客さんのために精一杯サービスを提供したいので、理解できる人だけ来てください」というのとは、ちょっと違います。

こうなると、お客さんとしての満足度もまあまあ、といった所になります。

商売は誰かの役に立ちたいから

前述の地場の企業の場合、従業員やオーナーの生活を守る=従業員・オーナーにとって役立っている企業とみることができます(実際には、もっとあると思います)。

この役に立つ「誰か」というのを、ビジネスでは「ステークホルダー」と言ったりします。企業と直接・間接的な利害関係がある人たちのことを言います。

  • お客様
  • 材料の購入先
  • 株主
  • 従業員
  • 会社を置いている地位社会

などなどです。自分の企業で働いている社員とその家族、自分自身を幸せにすることも、「誰かの役に立つ」に入るわけです。

・・・というステークホルダーのお話を、前職の大企業の時に、経営理念の冊子として全社員に配布して頂いてましたが、理解はできども、全く腹落ちせず。「雇用される側」に、「経営する側」がマインド伝わるのがいかに難しいかということですよね。

どんな形であれ、何かしらの役に立っていない会社は、必要とされない訳ですから、継続しません。いずれ淘汰されていきます。

何が言いたいかというと

「商売」をしているからといって、敬遠しないで、ということです。

その商品・サービスの値段には、社員を幸せにしたい、社会貢献事業をしたい、製造機械を新しくして、よりよい商品を製造したい、もしくは古くなった設備を一新して、よいサービスを提供し続けたい、という想いがこもっているかもしれないからです。

企業によって、どの「誰か」に重きを置くかは色々違います。その方針に共感できるのであれば、ぜひとも利用したり、興味のアンテナを立ててください。

参考:

ドラッカーの名言 - 企業は何のために存在するのか | トップマネジメント株式会社
社長のための『ドラッカーの名言』を掲載しています。企業は何のために存在するのか会社の存在意義とは。企業の存在理由とは。,企業はなぜ存在するのか。何のために経営しているのか。企業の目的についてお伝えしています。ドラッカーは企業の存在理由について何と言っているのか?ドラッカー専門のコンサルタント山下淳一郎の解説で、ドラッ...
 
おしん

西坂夏代(旧姓:新永)。高専を卒業して大企業のネットワークエンジニアを9年勤めた後、2019年から、夫の制御盤屋にジョイン。盤職人として修行し、簿記も習得するかたわら、小さな会社のマーケティングについて勉強中。
8歳年上の夫と、2歳・3歳の息子の4人家族。

おしんをフォローする
マーケティング
おしんをフォローする
おしんのBlog『c接点』
タイトルとURLをコピーしました