2分でわかる「制御盤」

こんばんは!制御盤配線愛好会、会長のおしんです。(今発足したらしい)

制御盤を全力でアピールしているのですが、「制御盤てなんだ?」という方がおそらく98.9%くらいだと予想しております。

おしんが全力でシンプルに説明しますので、どうか2分だけ、お時間ください!

制御盤ってこんな箱モノのやつです

きほん:機械の4要素

この世にある、電気で動かすモノは、すべて この4つの要素でできています!

  1. 電源
  2. 入力
  3. 制御
  4. 出力

「制御」というのはいわゆる「コンピュータ」のことで、どんな「入力」があったときにどんな「出力」をするのか、を考える脳みそ(CPU)の部分です。

エアコンを例にすると

「電源」はコンセントから取ります。

「入力」は、例えば「 リモコンで 28℃ に温度設定 」「温度センサで測った実際の室温は30℃」という2つの入力があったとします。

すると、「制御」の部分は、「2℃の差があるから、もっと冷やさなあかんな」と考え、その結果、「出力」として、モーターに駆動指示を送ります。

一般家庭での「制御」

「制御」の部分に注目してほしいのですが、家電では、プリント基板にコンピュータの役目をするチップを埋め込んだもので制御を行っています(マイコン、FPGA、ASICとかいったりします)。

同じ製品を大量生産するときは、このようにプリント基板方式でやるのが手っ取り早いし、安く上がります

工場・店舗の場合

ところが工場では、家電のように、毎回全く同じ機械や設備を作ることは、ほぼありません。なので、プリント基板方式は向いていません。毎回、オーダーメイドで作ります。

また、一般家庭と工場とでは、供給されている電気の種類が異なります。

  • 単相3線 (100V/200V):家庭用の小型の電気機器 向け
  • 三相3線(200Vのみ):大型機器、三相モーター向け

機械や部品ごとに必要な電気の種類が異なるため、その時その時で、電気を変換する装置(変圧器や、DC電源)も置きながら、電気を分配した上で、制御を行っていきます。

この、「電源」と「制御」の部分をまとめて担当しているのが、「制御盤」です!

こやつはちょっと違うんだな

同じ箱もの・電源でも、三相3線よりもさらに高圧な6,600Vで電気を受け取っている建物では、「キュービクル」という受電設備が間に入ります。これは電源の部分のみで制御はしないので、制御盤とは違う仲間になります。

まとめ

制御盤とは、

  1. 工場や店舗の、家庭よりちょっとリッチな電気が供給されている施設で
  2. 電気を変換・分配・保護しつつ、
  3. 外部からの入出力に合わせて制御を行う
  4. だいたいクリーム色の、鉄のハコ

必要な説明の70%位をカットしてしまったけど、4.を覚えてくれたら、だいたい大丈夫!

質問箱 も作ってみたので、もし気になることがあったら何でも聞いてください!

読んでくれて、ありがとうございます!

 
おしん

西坂夏代(旧姓:新永)。高専を卒業して大企業のネットワークエンジニアを9年勤めた後、2019年から、夫の制御盤屋にジョイン。盤職人として修行し、簿記も習得するかたわら、小さな会社のマーケティングについて勉強中。
8歳年上の夫と、2歳・3歳の息子の4人家族。

おしんをフォローする
制御盤
おしんをフォローする
– c接点 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました