服部寿コーヒー第一回を終えて

こんにちは。大阪府豊中市で、夫婦で制御盤屋をしております、おしんです。

春の天気と冬の天気が交互にやっているせいなのか、花粉が到来しているせいなのか、頭がボーっとする頭痛が続き、なんとなく体調がすぐれない日々が続いておりますが、みなさま元気でお過ごしでしょうか。

もう一週間以上経ってしまいましたが、フリーコーヒーイベント「服部寿コーヒー」第一回を無事に開催することができましたので、振り返りブログを書いてみたいと思います。

そもそもやろうと思ったきっかけ

Twitterを通じてお知り合いになった、すみへいこと住田良平さんが、三重県四日市市で、「喫茶すみへい」というフリーコーヒーイベントを開催されています。そんな発信をたびたび見ていて、人が集まる場ってすごくいいなと思いました。

集まるきっかけは、珈琲でなくてもいいんです。紅茶でもいい、オレンジジュースでもいい(笑)なのに、なぜかしっくり来ません。紅茶だとちょっとかしこまりすぎるのかもしれない。なんだか、珈琲には不思議な力があるなと。

ちなみに、私はミルクとお砂糖が大量に入った珈琲が好きです。人はそれを、カフェオレと読んだり、珈琲の風味のする甘い牛乳と呼んだりしますが、とにかく私はそんな珈琲が大好きです。

ブラックは飲めない(眠眠打破として服用することはあります)けども、珈琲を作るときに、ビンを開けると漂ってくる、あの香りはなんとも言えません。会社でも、休憩時間に夫がおいしい珈琲を入れてくれます。それでふと、「うちでもフリーコーヒーイベントをやったら面白くない?」とひらめきました。

すみへいさんにもお会いしたくて、初日の出コーヒーイベントにもお邪魔させてもらいました。

家族で行けるか分からなかったので、事前に連絡せず行ってしまいすみませんでした。

私の一存で年末年始の外出先を決める訳にはいきません。そこで、年末が近づくと夫に「初日の出見にいかない?」と少しずつジャブを打ちはじめました。そして、年越しで午前0時を迎えてガキ使が終わってさあ寝ようとなったので、

私「朝何時に起きる予定ー?」
夫「うーん10時くらいかな」
私 「(じゃあこれから10時間は予定がないということだから)じゃあ代わりに初日の出見にいかないー?」

という完璧な理由付けで、 初日の出コーヒー に家族を誘うことができました。

イベント開催にあたっての個人的な目標

とにかく心掛けたのは、「夫と歩調を合わせる」ことでした。

私はけっこう思い付きで動くタイプなので、人から見ると急いで見える時もあります。なので、人に説明するより、一人で動いてしまうことのほうが多いです。ただ何となくですが、今回は一人で突っ走っても上手くいかないし、いい加減、人と何かをやる訓練をしようと思ったのです。それに、イベントが終わったときに、一緒によかったねと喜べることも大切かなと。

なので、必要なものも色々洗い出しつつ、相談しながらまずは最低限のものだけ買いそろえていきました。

課題というか、頂いた意見

フリーコーヒーイベントですが、「無料!コーヒーがタダで飲める!」という感じをあまり全面に押し出すのは、安売りをしている気分で少し違うと思いました。それこそ、「タダより安いものはない」みたいな不信感を持たれたくなかったというのもあります。

「制御盤を押し売りされたらどうしよう」と思われても困ります。でも大丈夫です、制御盤は小売りで個人に売るものではないですし、それ単体で売っても何の意味もありません(制御したいものがあって、制御盤があって、初めて意味があります)。

で、お問合せがあったのが、「参加費いくらですか?」というものでした。もちろん、無料なので手ブラでお越しくださいーとお答えしたのですが、もしかしたら同じようにイベントの概要がつかめてない方もいるかもなーと思いました。

もう1つは、来て頂いた方からの「この珈琲はここで作ってるの?」という質問。地域の方にも来てほしかったので、イベント名を会社の所在地の名前を入れた「服部寿コーヒー」にしたのですが、過剰な期待をさせてしまったのかと不安になりました(とはいえ、質問主は実父なので、あまり落胆はしていません)。

イベント当日

スケジュール通りに分刻みで予定を進めるとか、そういったイベントではないものの、なぜか無駄に緊張しました。大人になってから、「イベントするよ、来てね!」なんてことは、滅多にないですもんね。

結果的に、大人7名、お子様3名の皆さんに来ていただけました。クルマ好きつながりのご家族、会社Instagramを通じてお知り合いになった電気制御の方、普段からお世話になっている板金屋さん、私の親、そしてTwitterを通じて仲良くなったお友達^^

お菓子をたくさん持ってきて頂いて、楽しいお菓子パーティになりました。

途中で少し焦っていたことが。当たり前なんですが、来ていただいた皆さんと同時にお話ができないこと。制御盤の詳しい話になると分からない方もいるし、でもそんなお話もしたいし、でもせっかく来ていただいたのにほったらかしみたいになっているし…と一人でアワワとなっていました。

でも、おそらくですが来ていただいた方はそれなりにのんびり過ごして頂けたのだと思います。後日聞いてみたら、人が話してるのを聞くのも楽しいよ、と言って頂ける方もいました。

その一方で、このイベントで初めてお会いする方同士も一緒にお話して、お互いの職業を踏まえたトークをされている方もいて、なんだかすごく嬉しかったです。

バーのマスターとかって、そのあたり、空気を見ながら話を振ったり、あえて特に話しかけなかったり、すごいスキルだなと思いました。

開催してみた感想

下のツイートに書いたことがすべてで、イベントらしいイベントではなく、ただ何となく工場に人が集まってくださって、他愛のないお話をして終わる、そんなイベントでした。

焦るときもあったけど、終始、私自身もみなさんとお話しながら、楽しい時間を過ごすことができました。

イベントを考えたときに、仕事の調整(忙しいと工場の中がモノで一杯になる)の手間も考えて、2カ月に一回の開催を目標にしましたが、イベントをやってからも、「うん、これは2カ月に一回くらいでいいかな」という感想でした。あまり頻繁にやっても、集客が難しいかなーと。

これからのこと

いずれ来てみたい、と関心を寄せてくださっている方もいらっしゃるので、まずは宣言通り、2カ月後の4月に第2回のイベントを開催すること!これがまず目標。

その中で、今回と同じスタイルでいくのか、イベントっぽいことをするのか。を、ぼちぼち考えています。例えば、制御盤を作る工程の一部を体験してみるとか、ワークショップ的なものとか。今回みたいに他愛のない会話をする空間が私は好きなんですが、せっかく休日に時間を割いて来て頂いているのと、制御盤の事を知ってもらえたら嬉しいというのもあるので、肩肘張って頑張りすぎない範囲で、何かやるのも面白いかな?と思っています。

おわりに

とにもかくにも、このイベントを思いついたのは、喫茶すみへいを開いておられる、すみへいさんのおかげです。

初日の出コーヒーと、先週の飲み会と2回お会いしましたが、一回目はなかなか勇気がなくて話しかけられず、飲み会でもたった数時間で話しつくせないくらい皆さんのお話が面白すぎてあまりお話できなかったので、またお会いしたいです。

 
おしん

西坂夏代(旧姓:新永)。高専を卒業して大企業のネットワークエンジニアを9年勤めた後、2019年から、夫の制御盤屋にジョイン。盤職人として修行し、簿記も習得するかたわら、小さな会社のマーケティングについて勉強中。
8歳年上の夫と、2歳・3歳の息子の4人家族。

おしんをフォローする
制御盤日記
おしんをフォローする
– c接点 –
タイトルとURLをコピーしました